誰も教えてくれない婚活の裏側

結婚相談所新米スタッフ、ごっちんの独り言

【婚活あるある】結婚目前で婚約破棄になる7つの原因

f:id:konkatsuko:20180517135617p:plain

f:id:konkatsuko:20180517141013p:plain

 

一度は結婚を約束したはずなのに、

「別れよう」

そんな言葉が出てくることがあるかもしれません。

 

残念ながら、私たち『結婚相談所の中の人』 は、婚約破棄となったカップルを目にする機会が多いほう。

 

そこで、今回は結婚目前で婚約破棄になる7つの原因(理由)をご紹介します。

 

結婚してから後悔しないために、

交際期間中にどのようなことを確認しておかなければいけないのか、知ってみませんか?

結婚目前で婚約破棄になる7つの原因(理由)

 原因①:婚約相手が浮気していることが分かった

結婚相談所がキッカケで交際に至ったカップルには、比較的少ない事例ですが、

婚約破棄の原因として、よく耳にするのが『浮気』の発覚です。

 

浮気は婚約相手に対する裏切り行為。

 

浮気をされたと気づいたときはとてもショックだと思いますが、婚約中に浮気をする人は結婚をしても浮気を繰り返すため、結婚する前に気づけてよかったとポジティブに考えたほうがいいですよね……。

原因②:結婚を目前にすると精神的不安定になった(マリッジブルー

男性にも女性にもあるあるな、マリッジブルー

結婚に強い憧れをもっていたとしても……

大好きなパートナーとの結婚が、いざ目前となり現実味をおびたとき

「自分の経済力で婚約相手を支えることができるのか」

「私(僕)は、本当にこの人と結婚してもいいのだろうか……?」

「親元を離れるのは寂しい……」

と不安になるのです。

 

結婚は自分の環境が大きく変化するもの。

「私はマリッジブルーにはならないわ」と思っていたとしても、環境の変化によって一時的に情緒不安的になってしまいます。

 

 

これを解決するためには、自分が抱えている不安をパートナーに打ち明け、しっかり話し合うことが重要です。

 

結婚生活は何年、何十年と続くもの。

 

その生活の中では、嬉しいこともあれば、悲しいこともあり、幾度の困難を乗り越えていかなければなりません。

 

婚約を破棄するのではなく、2人に与えられたさいしょの『困難』だと思って、マリッジブルーを解決してみませんか?

 

原因③:婚約相手ではない人を好きになってしまった

「パートナーと結婚を約束したけれど……他の人を好きになってしまった」という理由で婚約破棄に至る人も少なくはありません。

 

浮気をしたわけではないけれど、心移りをしてしまった自分に嫌気が指してしまうなんて声を耳にすることも……。

 

しかし、少し考え方を変えれば『結婚前に自分の正直な気持ちに気づけてよかった』ですよね。

 

お相手やその両親。

また自分の親にも申し訳なさがあるかもしれませんが、自分の人生の主役は、紛れもなく自分ですから。

 

自分の気持ちには、正直でいたいものです。

 

原因④:結婚の準備をしていてケンカになった

婚約、そして正式に結婚するまでの過程には、さまざまな『準備』が必要となります。

 

  • お互いの両親への挨拶
  • 新居を決めて、引っ越しをする
  • 結婚式の段取り
  • 仕事はどうするのか?

 

結婚式の準備や挨拶以外にも、やるべきことがたくさん。

 

遠距離恋愛であれば、居住地を決めたり、どちらかが転職を余儀なくされるケースもあるでしょう。

 

一生に一度の結婚式の準備は想像以上にハードなもの。

そして結婚式にかける想いは、男性よりも女性の方が強かったりもするので、

「ドレスやお料理はどんなのがいいかなぁ?」

「なんでもいいよ」

……

なんて、些細な言葉でケンカに発展するカップルも少なくはありません。

 

結婚の準備は、夫婦となるふたりがはじめて行なう共同作業。

 

男性諸君!

「ウエディングドレスを着ること」それが、幼き頃からの夢という女性もいるのです!!

 

彼女の『地雷』を踏まないように、 ひとつひとつ丁寧に対応していきましょうね。

 

原因⑤:価値観のズレに気づいてしまった

いざ、結婚に向けて同棲を開始したり、結婚の段取りをしたりすると、付き合っているときには気が付かなかった『価値観のズレ』を感じてしまうことがあります。

 

「ルーズな性格もそんなに気にならなかったけれど、24時間・365日になると……」

「残業ばかりだったけれど、家族になると気になっちゃうな」

 

交際中はお互いの個性と思っていたことでも

となれば相手の個性も自分の生活に深く関係してくるのです。

 

婚約相手といえ、夫婦といえ、もとはといえば血の繋がりがない他人。

そんな『他人』と家族になるのですから、価値観の違いがあるのは仕方がないことです。

 

しかし、『受け止められない価値観の違い』を感じるのならば、

話しあって改善していかなければなりません。

原因⑥:義実家との不仲

中には義実家との関係性がうまくいかず、婚約破棄となったカップルもいます。

結婚したらお相手の両親や親戚も自分の身内。

 

お相手の両親が自分のことを良く思ってくれていなかったり……

自分の両親がお相手に対して否定的だったり……

 

また、家柄・同居問題などによって結婚に至らないというケースもあるのです。

 

どんな人でも、両親・親族から祝福される結婚を望んでいるはず。

 

 

結婚を反対され、婚約解消となったケースもありますが、

親のために結婚するのではなく、自分たちが自分たちのために結婚するという意識をもってほしいところ。

 

原因⑦:金銭感覚の違い(お金遣いが荒かった)

金銭感覚も、同棲や婚約をしてからじゃないと、なかなか気がつけないポイント。

交際期間中のデートで「少しお金遣いが荒いかも…?」と感じても、

「デートは特別な日だから、羽振りがいいだけなのかな?」なんて見過ごしがち。

 

しかし、いざ結婚を目前にするとシビアな視点でお財布状況が気になってきますよね。

 

結婚資金を確認するため貯金額を聞いたら……貯金がまったくなかった!

そのうえ、借金まで発覚!!!

このパターンも結婚あるあるなんですよ……。

 

でも、私の友人カップルはこのパターンであったにも関わらず、とてもしっかりした奥さんと結婚して、その後はお金の管理もできるようになりました。

 

結婚すれば幸せも2倍!苦労や悲しみも共有……。

だからこそ、金銭感覚も共有しておきたいですよね。

 

まとめ

結婚破棄というとイメージがよくないかもしれませんが……

「婚約破棄をして正解だったわ……」なんて安堵の声も一定数存在します。

 

義実家の考え方と、自分の両親の肩ばかりもつ婚約者にウンザリしてしまい、婚約破棄した友人も、

「あのまま結婚していたら、ゾッとするわ」と言っていました。

ポジティブに考えると籍を入れる前に現実を知れてよかったってことです。

 

しかし、

こういった理由で衝動的に婚約破棄に至ると、

運命の出会い(だったかもしれない)を自ら手放してしまうことに。

 

そりゃ、結婚は(一般的に)一生に一度の機会です。

 アレコレ考えるのもムリはありません。

 

だからこそ、婚約破棄につながる原因を知って、交際中にリスクを潰しておきたいもの!!

 

お互いのためにも、そしてあなたの人生がより良いものになるために、後悔のない選択をしましょう。