誰も教えてくれない婚活の裏側

結婚相談所新米スタッフ、ごっちんの独り言

婚活女子が絶句する男子のビックリ発言3選|円滑なコミュニケーション術~男性編~

先日、婚活真っ最中の友人・B子に会いました。

そこで、B子の婚活状況や婚活あるあるに花を咲かせていたのですが、

私たちが辿りついたのは、男性のビックリ発言。

 

まぁ、婚活だけでなくいろんな場面で異性のキモい発言には出くわすものです。

 

私も独身・ホステス時代に幾度となくキモい発言には出会ってきました。

 

今日は私たちが厳選した婚活女子が絶句する『勘違い男子のビックリ発言』を3つ紹介しましょう。

 

そして……

どんなコミュニケーションがいいのかわからない!と迷える男性に、

円滑なコミュニケーションのポイントを少しだけ紹介します。

 

男性に伝えたい、その発言は女性がドン引くよ!ヤバイフレーズ3選

ちなみに今回は、友人B子のコメントも合わせてご紹介しております。

1.初対面で下ネタ炸裂!「俺、Sなんだよね」はかなりキツイ。

f:id:konkatsuko:20180502145805j:plain

「初対面で話が盛り上がらないことより、積極的なのにめっちゃ下ネタっていうほうが困る」そう語る、婚活中のB子。

 

たしかに私も、ホステス時代。

初っ端から下ネタ全開でギアマックスのお客さんとお話するときは、いろいろ頭を悩ませました。

 

もともと、下ネタが苦手っていうタイプでないにしても……

 

まだ信頼関係が築けていないときにセクシャルな話題をされると恐怖を感じるんですよね。

 

いやいや、男友達と遊びにいって下ネタ全開やん!って思うかもしれません。

 

しかし下ネタで笑えるのって、仲良しだからこそじゃないですか?

 

また、初対面の女性をドン引かせてしまう下ネタフレーズがこちら。

  • 「俺、以外とSなんだよね」
  • 「今までの経験人数は?」
  • 「今まで○人とエッチした」

こんな感じでしょうか。

 

とくに「俺、以外とSなんだよね」という発言をする方、だいたいMです。

 

ていうか知りませんってなります。

 

そして、経験人数を聞くのは失礼だし、それを自慢されるのも相当困ります。

 

社交的な男性は下ネタも上手だ!っていうイメージがあるかもしれませんが……

 

好意と信頼関係があってこそ成り立つ話題なので、デリケートです。

2.「ギャンブルとかやらない~」それ、自慢になってないぞ!

「俺、ギャンブルは興味ないんだ~」

「年に一度は親孝行してる~」

「実家暮らしだけど、お金を入れてるよ!」

「ワンナイトラブとか経験ないな~」

これ。これこれ。

結婚願望がある女性からすると、ポイントアップなワードであるものの、

あたかもスゴイでしょオーラ全開で発言されると

 

「え……それ普通じゃね?」

 

って、なるんですよね。

とくに婚活されている方は、30代以降といい年齢。

その年齢になって、実家暮らしなのにお金入れないとか、ワンナイトラブやっちゃうとヤバイですもんね。

 

「こっちが聞いて、答えてくれるぶんには違和感を抱かないけれど…俺すごいやろって感じで言われると自慢っぽく聞こえちゃうからね。すごいでしょ?褒めて?ってことなのかなって思っちゃう」とB子。

 

男性諸君……自分、すごいという気持ちを少し抑えて婚活に望みましょう。

 

3.「僕ってモテない顔でしょうか?」

f:id:konkatsuko:20180502145831p:plain

こちらは、少し内気な男性がついつい気になっちゃって発言するケースが多いですね。

 

「僕ってモテる顔ですかね?モテない顔ですかね?」

「ぶっちゃけ、ブサイクだと思いますか?」

……

たしかに、人それぞれ体型も顔も性格も違うので、いろんなコンプレックスをお持ちだと思います。

 

とくに外見にコンプレックスを抱いている方は

「異性である女性からどういう風に見えるのか」って不安になることもあるでしょう。

 

その気持ちはよ~~~~くわかります。

 

 

しかし、モテるとかモテないとか、かっこいいとか、かっこよくないとか……

聞かれちゃうと、めちゃくちゃ返答に困ってしまうんです!!

 

B子:「お世辞にもモテなさそうって思っていても、ストレートに聞かれると…

    モテそうって言っちゃう。

    社交辞令で言ったあと「意外とモテそうって言われるんですよ!」って

    自信満々だったワケ。

    そのとき、この人ほかの女性にも聞いてるんだろうなって思った。

    合コンならまだしも、婚活ってモテるモテないじゃなくて、結婚が目的やん?

    ちやほやされたいだけなのかなって思っちゃうよね。」

 

いいですか、男性のみなさん、異性である女性の意見は大切です。

しかし、婚活のフィールド(さらには初対面)で出会った女性に、

『いきなり自分の印象』を伺うのは、危険です。

まとめ.婚活女子がドン引きする発言には、『自分ゴト』が多い件

と、まぁ今日もタメになるのかならないのか、わからない。

下世話なお話をお送りしましたが……

 

女性がドン引きする男性の発言って、共通して『自分ゴト』が多いんです。

 

これは男性だけでなく、女性にも言えること。

 

好意があればまだしも「どんな人なんだろ~」って思っている段階で、自分の話ばかりをされちゃうと、7割型、発展はありません。

 

自分ゴトというと……

『自分の話ばかりをして相手の話に耳を傾けない』って思われちゃうかもしれませんが、そうとは限らないのです。

 

たとえば、自分の話ばかりして相手を不快にさせたくない!と思い質問した内容が、自分ゴトになってしまうことだって……。

 

と、いっていると、

 

「だったら何を話せば良いんだ!?!?」

 

そう困惑してしまうでしょう。

 

婚活を機に積極的におしゃべりをしてみようと腹をくくった男性だっているはずです。

 

「積極的に話して…相手の印象に残るような会話をしよう!」と意気込んでいらっしゃるかもしれません。

 

が、その意気込みこそが、婚活女子をビックリさせる原因かも。

 

たしかに婚活は、たくさんのライバルの中から自分を覚えてもらえるように、努力しなければなりません。

 

けれど、必要以上に意気込んでしまうがあまり、女性をドン引きさせてしまうケースがあるのです。

 

自分4割・相手を6割。そんなバランスで会話の内容に気を遣ってみるとGOOD。

 

「休日は何をされているんですか?」

とか、ありきたりな質問でいいんです。

 

最初はそれくらいでいいんです!!!

とにもかくにも、

  • 下ネタや過去の恋愛
  • 自己承認欲求が強めに見える発言(すごいだろ~)

こういった話題は婚活・初対面では避けたい話題だと覚えておいてくださいね。